上達につながる練習をするために必要な、練習前の大事な行動

ゴルフ練習場では、今日も多くのアマチュアが一生懸命練習を行っている。

しかし、練習前に行う大事なことを忘れている人が多い。

練習前に行う大事なこととは

練習前に行う大事なこと。

それは、「準備運動」だ。

準備運動と言っても、大した運動ではない。

運動と言うよりは、体の稼働域をほぐし、体をスムーズに動かすことができるようにするための準備だ。

しかし、この準備運動、なめてはいけない。

準備運動が重要な理由

背骨中心の軸回転運動は、股関節の回転が基本となる。

さらに、前傾を保ったまま股関節を回転させることになる。

それも、できるだけすばやく、力強く。

この動き、股関節が滑らかに動かないことには、とても行うことはできない。

そのためには、股関節を滑らかに動かすための準備運動が絶対に必要となるのだ。

準備体操がないままにスイングするとどうなるか。

股関節を回転させているつもりでも、股関節は十分に回転しなくなる。

また、股関節を痛めてしまうかもしれない。

言い換えると、準備運動なしにいきなりボールを打ち始めて何も違和感を感じない人は、体中心のスイングができていない、ということになる。

股関節を柔らかくする運動としては、四股を踏むような格好で腰を落としたり、左足をのばし右のかかとに腰を深く落とす(その逆も)ような動作がある。

また、体を大きく回転させたり、肩・肩甲骨周り・手首・足首のストレッチも重要だ。

準備運動も練習のうち。

十分に体が動くようになってこそ、練習する意味があるのだ。

リンク
↓↓↓「なるほど~」と思ったら、ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へブログランキング


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする