2015年12月一覧

テークバックという言葉に秘められた、腕とクラブの正しい動かし方

「テークバックのクラブの上げ方がわからない人が知っておくべき重要な真実」で書いたように、テークバックで大事なことは、クラブは「上げる」ではなく、「上がる」ということだ。これが正しい動きであるということは、テークバック、という言葉の意味を改めて考えることでもわかる。

インパクトでは右ひじを絞れ、というレッスンの本当の意味を理解する

ダウンスイングからインパクトの時には、「右ひじをたたむ」とか「右ひじを絞れ」というようなレッスンがある。確かにプロのスイングを見ると、曲がった状態になっている。これはどのように理解すればよいのだろうか。そして、正しい動きとはどのような動きなのだろうか。

ハンドファーストのインパクトができるようになるために乗り越えるべき、大きな壁

プロのインパクトの時の写真を見ると、手元が若干先行し、クラブヘッドが遅れてボールにインパクトする、いわゆるハンドファーストの状態になっている。体の回転が先行し、体の回転のエネルギーによって腕がつられて動くためにそうなるのだが、この動きを実際に行おうとするためには、大きな壁を乗り越える必要がある。

綺麗な円軌道を描いているスイングの写真を見た初心者が、必ず陥る勘違い

ゴルフを始めて間もなく、正しいスイングとは何かを求めてゴルフスイングに関する多くの写真や動画を見始める。そこで目にするのは、クラブヘッドが綺麗な円軌道を描いたスイングだ。しかし、写真から得られるゴルフスイングのイメージと、正しいスイングのイメージとは、実は大きな隔たりがある。その隔たりとは何か?