テークバックのクラブの上げ方がわからない人が知っておくべき重要な真実

テークバックのクラブの上げ方については、「クラブをアウトサイドにあげろ」とか、「はじめの何センチかはまっすぐ上げろ」とか、いろいろな理論がある。

しかし、実はそんなことはどうでもよい。

もっと根本的に大事なことがあるのだ。

「上げる」と「上がる」の大きな違い

そもそもクラブは「上げる」ではない。

「上がる」だ。

「上げる」と「上がる」。一文字しか違わないが、イメージは大きく異なる。

ゴルフスイングは、背骨中心の回転だ。

回転すれば、クラブは勝手に「上がる」のだ。

決して意図的に「上げる」のではない。

「上げる」のデメリット

クラブを意図的に「上げる」と何が起こるか?

「上げる」というイメージだと、体の回転ではなく手の動きで上げることになる。

背骨中心の回転によってスイングが行われるところが、手の動きが加わってしまうことにより、背骨中心の回転運動ではなくなってしまう。

これでは、十分な力をボールに伝えることはできない。

また、手で上げると体の回転がおろそかになるため、回転が不十分になる。そうすると、十分にテークバックの捻転を行うことができないために、無理やり何とかしようとする。

結局、右わきをあけて振りかぶったり、グリップを緩めたりなどしてテークバックせざるを得なくなる。

これは当然、よくないテークバックだ。

「上げる」という意識がある限り、このような悪いテークバックから逃れることはできない。

正しいテークバックとは

直立してクラブを正面に構える。

その状態からテークバックの形をとる。そうすると、クラブは水平となる。

この状態で前傾をとる。すると、クラブが「上がった」ような格好になるはずだ。

これが正解だ。

前傾して捻転するために、クラブが勝手に「上がる」だけなのだ。

あくまでも主体は背骨中心の回転。これを忘れてはいけない。

そして、正しく体を捻転させることが出来さえすれば、「アウトサイドにあげる」とか、「初めの何センチかはまっすぐ」というようなことを考える必要はなく、クラブは正しい軌道で「上がっていく」のだ。

「いかに正しく上げるか」ではなく、「いかに正しく回転するか」に意識を注ぐこと。

これが、何より重要なのだ。

リンク
↓↓↓「なるほど~」と思ったら、ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へブログランキング


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 池田 孝蔵 より:

    ゴルフスイングが背骨を中心とする回転運動であることは、よくわかりました。
    しかし、ゴルフクラブを持って回転運動をするとき、手首のコックなしには、かんがえられません。コックをどのように考えたらよいのでしょうか。