テークバック一覧

テークバックという言葉に秘められた、腕とクラブの正しい動かし方

「テークバックのクラブの上げ方がわからない人が知っておくべき重要な真実」で書いたように、テークバックで大事なことは、クラブは「上げる」ではなく、「上がる」ということだ。これが正しい動きであるということは、テークバック、という言葉の意味を改めて考えることでもわかる。

テークバックのクラブの上げ方がわからない人が知っておくべき重要な真実

テークバックでは、クラブをアウトサイドにあげる、とか、インサイドにあげすぎてはいけない、とか、いろいろな理論がある。でも実はアウトサイドかインサイドなどはどうでもよい。もっと根本的に大事なことがある。そもそもクラブは「上げる」ではない。「上がる」だ。

初心者ゴルファーの右ひじの悩み

初心者ゴルファーが抱く悩みの一つに、「テークバックの時の右ひじの動き」がある。テークバックで右ひじがどのような形になればよいかわからず、右わきが開き、クラブを担ぐような恰好になってしまう、というものだ。フライングエルボーともいう。この形は、言わずもがなで、よくない形だ。では、どうしてこのような・・・

両腕の三角形を保つ理由

テークバックでは、両腕が作る三角形を崩さないように、と言われる。それは何故だろう。回転半径を最大にするにはゴルフスイングは背骨の軸を中心とした回転運動だ。よって回転半径が大きければ大きいほど、クラブヘッドには大きなエネルギーが生まれる。

テークバックの一番の肝

テークバックの一番の肝は、「前傾を保つ」ことである。「ゴルフスイングが難しい最大の理由」で述べたように、「前傾を保った背骨中心の軸回転」という動作は普段の日常生活にない。