背骨中心の軸回転によるスイングを行う上でとても重要なテークバックの動き

ゴルフスイングは、背骨中心の軸回転運動だ。

この運動を行うためには、テークバックの動きが非常に重要となる。

体と腕の一体感

腕を使わず、何とかして体の回転でスイングしようと試行錯誤しているが、どうもうまくいかない。

そんな時は、テークバックの動きをチェックするとよいかもしれない。

背骨中心の軸回転運動によるスイングを行う上で、テークバックの動きは非常に重要なポイントだ。

具体的には、よく言われる「体の回転」でテークバックするのだ。

言い換えると、体の回転を行わず、腕だけでクラブを持ち上げるようなテークバックはよくない動きだ。

このようなテークバックを行っている限り、いくら練習しても、体の回転によるスイングを行うことはできない。

なぜかというと、腕でクラブを持ち上げてしまうと、体と腕の一体感が切れてしまう。

一度切れたら、もう一度つなぐことはできないので、腕でクラブを振り下ろすようにしてスイングするしかなくなる。

なので、いくら体でスイングしようとしても、できないのだ。

正しいテークバックの動きとは

テークバックは、体の回転によって行うということをいつも意識しておかないと、腕でクラブを操作してしまいがちだ。

また、意識はしているものの、体でテークバックしている「つもり」になっているだけの場合もある。

体の回転でテークバックできているかどうかをチェックするのは簡単だ。

アドレスをとったら、その状態から体をゆっくりと右に回転させる。

腕は体の回転に伴い自然に動くだけであり、左腕は伸び、右ひじは軽く曲がった状態になる。

すると、左肩がぐっと入り、かつ胸全体が飛球線後方に回転して、ぎゅっと締まったような感覚が得られるはずだ。

これが、体を使ったテークバックだ。

この感覚がない時は、腕だけでテークバックしてしまっている可能性が高い。

体全体でテークバックができたら、スイングは半分成功したようなものだ。

ダウンスイングでは体全体で回転しないとクラブが戻らないため、自然と体の回転によるスイングを行うことになるからだ。

テークバックの動き。

決しておろそかにしてはいけない、とても重要なポイントだ。

リンク
↓↓↓「なるほど~」と思ったら、ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へブログランキング


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする