左サイドを意識した回転運動が大切-スイングのコツと簡単なチェック方法

ゴルフスイングは背骨中心の軸回転運動だ。

そして、回転運動は、左サイドを意識して回転するのが正しい。

ゴルフスイングは左サイドで回転する

ゴルフスイングは、体を回転させて行うものであり、決して腕は使ってはいけない。

腕を使うと、エネルギーが小さくなる。

また、小さくなったエネルギーを補おうとして、力任せに振ろうとしたりインパクトで手首を返して無理やりヘッドを走らせようとすると、スイングのばらつきにつながってしまう。

なので、もっとも大きなエネルギーを生むことができる体の回転によってスイングを行うべきなのだが、ここで大事なことがある。

回転と言った時、体の左サイドと右サイドの、どちらを意識して回転させればよいのか、ということである。

結論から言うと、左サイドを意識して回転させるのが正解だ。

なぜか。

人間の体の構造上、体を回転させるときには、押すよりも引っ張りこむほうがスムーズに回転できる。

具体的には、右サイドを意識して左サイドに回転していくよりは、左サイドを意識して左サイドに回転していくほうが、スムーズに回転できる。

右サイドで回転させようとすると、回転と言うよりは、飛球線方向に直線的に押すようなイメージとなってしまいがちで、これだとスイングは上手くいかない。

インパクト後も、左側にどんどんと回転していくことが大事なので、回転を止めないためにも、よりスムーズに回転できる左サイドを意識することが大事なのだ。

プロのスイング写真を見ると、フォローで肩がとても深く回転していることが分かる。

この位置まで回転させてこそ、スイングが完成するのだ。

スイング全体のイメージとしては、テークバックを取ったら、あとは左サイドで引っ張りこむように回転するイメージだ。

ただし、前傾を崩さないようにすることを忘れずに。

これだけで、体中心の回転がおこなわれ、非常に大きなエネルギーでボールをヒットすることができる。

左サイドで回転できているかを確かめる簡単な方法

左サイドの回転でスイングできているかを確かめるための簡単な方法がある。

それは、左手一本でスイングすることだ。

具体的には、左手でクラブを握り、右手はクラブに添えるだけにする。

指は曲げずに、パーのままで添えるだけだ。

この状態で左手のリードを意識しながら、膝から膝ぐらいの振り幅でスイングするのだ。

どうだろう、うまくできるだろうか。

もしできない場合は、右サイド、つまり右手を使ってスイングしてしまっている証拠だ。

何度も何度も繰り返し、左サイドのリードだけでスイングする感覚を養うことだ。

そして、左サイドでスイングできるようになったら、左手はそのままで、右手は薬指だけクラブを握るようにする。

握るというよりは、クラブに引っ掛けるような形だ。

右手の残りの指は完全に伸ばした状態にする。

そして、フルスイングしてみるのだ。

本当に左サイドのリードでスイングできているのであれば、完璧なフルショットが打てる。

そしてそれは、余計な右サイドの力が抜けているために、本当にきれいにまっすぐなボールが打てるのだ。

※ 2016/12/16 一部改訂

リンク
↓↓↓「なるほど~」と思ったら、ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へブログランキング


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. サイトウ ミノル より:

    左サイドを意識した回転運動が大切-スイングのコツと簡単なチェック方法
    上記項目の中に
    そして、左サイドでスイングできるようになったら、右手の薬指だけでクラブを握るようにする。
    と有りますが、左手の薬指ではありませんか。右手でも練習するのでしょうか。
    宜しくお願いします。

    • hiro より:

      コメントありがとうございます。
      少しわかりにくかったので、本文を改訂しました。
      左手は握ったまま、右手の薬指で握る、ということです。