プロのスイングで両足が綺麗に揃っているのには重要な意味がある

プロのスイング動画を後方から見た時、両足の太ももが綺麗に揃ってくっついたようになっている。

これに対し、アマチュアのスイングでは、両足の間に隙間が開いていることがある。

見落としがちだが、この動きが意味することは重要だ。

両足の間に隙間ができていることが意味すること

両足の間に隙間が開いている動きは、良くない動きだ。

そして、この動きになってしまっていることの意味は大きい。

どういうことか。

両足の間に隙間が開くのが何故かと言うと、骨盤の回転が不十分であるからだ。

骨盤の回転が不十分になる原因の多くは、ダウンスイングで左の骨盤を飛球線方向にスライドさせてしまうことによるものだ。

骨盤を飛球線方向にスライドさせると、骨盤は回転できなくなる。

回転できない状態になっているにもかかわらず骨盤をなんとか回転させようとするとどうなるかというと、右の骨盤を正面方向、つまりボールを置いている方向に突き出すような動きを取らざるを得なくなる。

すると、後方から見た時に両足の間に隙間ができるような動きとして見えてしまうのだ。

まとめると、両足の間に隙間ができている動きになっているということは、すなわち、骨盤が正しく回転できていない、ということを意味しているのだ。

骨盤を正しく回転させる方法

では、どのようにすれば正しく回転できるのかというと、「体重移動と左サイドへのスライドを混同すると、骨盤は回転しない」でも述べたが、左の骨盤を飛球線方向にスライドさせなければ良い。

アドレス、テークバック、そしてダウンスイングの一連の動きにおいて、そのままの位置で骨盤だけを回転させれば良い。

回転させる角度は、左右に45度の範囲で、それ以上は回転させてはいけない。

それ以上回転させることは、軸のスライドにつながるからだ。

腕はお腹にくっつけたままのイメージで体と同調させながら、ダウンスイングで左に45度まで全力で力強く骨盤を回転させるだけでよい。

ゴルフスイングは、たったこれだけの動きだ。

そして、このシンプルな動きを実践できた時、あっけないほど簡単に美しいスイングを手に入れることができる。

リンク
↓↓↓「なるほど~」と思ったら、ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へブログランキング


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする