フェースを開いたままインパクトを迎えるような感覚でスイングするとハンドファーストになる

腕を使わずに体の回転でスイングできると、結果としてハンドファーストのインパクトが取れる。

しかし、正しくハンドファーストインパクトを行うためのスイングイメージは、想像を超えているかもしれない。

ハンドファーストが良い理由

ゴルフスイングは背骨中心の軸回転だ。

体の回転エネルギーはまず腕に伝わり、次にクラブに伝わることから、体の回転よりもクラブヘッドは後から動く。

このために、手元が先行するいわゆるハンドファーストの形になる。

ハンドファーストのインパクトができているのなら、体中心のスイングができていることになり、それは、体の回転という最も大きなエネルギーを使ってスイングできていることになる。

よって、できるだけハンドファーストの形が取れるとよいことになるのだが、果たしてどの程度できているだろうか。

インパクトでフェースをスクエアにするという感覚は捨てる

信じられないかもしれないが、インパクトでフェースをスクエアにするという感覚は捨てるべきだ。

スクエアにしようとするのは、ごく当たり前のことのように行っているかもしれないが、この感覚を持っている限り、絶対にハンドファーストにはならない。

理由は先に述べたとおり、腕を使わず体の回転でスイングできているのならヘッドは後から出てくるからだ。

つまり、スクエアにしようとするということは、腕をつかってしまっているということになるのだ。

では、どのような感覚でスイングすればよいのだろう。

イメージとしては、フェースが開いた状態のまま、体の回転でインパクトを迎えるようにスイングするイメージだ。

クラブはヒールの部分から接地させ、丸くスイングする。

体の回転が先行するため、自分とクラブの相対関係としては、フェースは開いた状態になるが、体の回転が先行しているために、ボールとクラブが接するときには、自然とスクエアにコンタクトすることになる。

なお、丸くスイングするというのは決して腕でクラブを振るわけではない。

あくまでも、背骨を中心として体を回転させるだけである。

体を回転させれば、必然的にクラブは円軌道を描くことになり丸くスイングするということになる。

初めは小さいスイングから

フェースが開いたままで大丈夫なのかと、初めはかなり不安になる。

なので、とても小さいスイングから練習するとよい。

初めはシャンクしたり、トップしたりするかもしれない。

しかし、しばらく続けているうちに、徐々に別のスイングの感覚がみなぎってくるはずだ。

体の回転でボールを運ぶような感覚だ。

初めは勇気がいるが、小さいスイングからゆっくりと試すことで、必ずその感覚は得ることができる。

そして、正しい感覚が身についたとき、体のエネルギーを使った、とてつもなくパワフルなボールが打てるようになるのである。

リンク
↓↓↓「なるほど~」と思ったら、ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へブログランキング


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする