骨盤を素早く回転させるコツ

ゴルフスイングでは、骨盤を素早く回転させる必要がある。

骨盤の回転が体の回転につながり、体の回転のエネルギーがクラブに伝わることから、なるべく素早く回転するほうが、エネルギーが大きくなるからだ。

しかし、骨盤を素早く回転させるのは、コツを知らないと難しい。

そのコツを述べる。

右の骨盤の間違った動き

骨盤を素早く回転させるのが難しい最大の理由は、前傾だ。

前傾姿勢をとった状態で骨盤を回転させるのは、普段の日常生活にない動きであるために、どのようにして動かせばよいかわからないためだ。

よくある間違った動きは、ダウンスイングからインパクトにかけて、右の骨盤がボール方向に突き出すようにしてしまう動きだ。

一見、素早く動いているように見えるが、骨盤は十分に回転していない。

なおかつ、前傾が崩れる要因になることから、体が起き上がり、スライスやトップなどの原因になる。

骨盤の正しい回転を覚えるための簡単な方法

骨盤の正しい回転を覚えることは難しくない。

前傾した状態で骨盤を回転させるのが難しいのなら、直立した状態で行ってみればよいのだ。

直立した状態なら、骨盤を素早く回転させることは比較的たやすい。

直立した状態で骨盤を回転させることができたら、徐々に前傾をとって、骨盤を回転させてみるのだ。

いきなり素早く動かすのが難しければ、初めは少しずつゆっくりでよい。

直立した状態で少しだけ骨盤を回転させたら、その状態で前傾をとる。

それができたら、もう一度直立して正面に向きなおし、次はもう少し深く骨盤を回転させてから前傾をとる。

このようなことを、テークバックからフォローまで何度も繰り返すと、前傾をとった時の骨盤の動かし方が徐々にわかるはずだ。

慣れてきたら、少しずつ素早く回転させるようにすればよい。

この練習であれば、意外と短時間で、正しい骨盤の動きがつかめるはずだ。

リンク
↓↓↓「なるほど~」と思ったら、ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へブログランキング


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする