腕が体に引っ張られる感覚を体感する方法

アマチュアの多くは、インパクトでいわゆるハンドレートになっている。

ハンドレートとは、クラブヘッドに対して手元が遅れた状態になっていることを指し、体中心のスイングができていない証拠となる。

正しいスイングを会得するコツを述べる。

腕を使ってはいけない

腕を使ってスイングすると、どうしても腕に力が入る。

また、ボールを「打とう」という意識が強く働き、インパクトでクラブヘッドをドンピシャで合わせるようにスイングしてしまう。

これでは、体の回転エネルギーをうまく使えないために、飛距離はアップしない。

腕には力を入れずに、体の回転エネルギーでスイングするべきだ。

そうすることにより、結果としてハンドファーストのスイングが出来上がる。

では、腕に力をいれずに、体の回転で引っ張られるようにスイングするためにはどのようにすればよいのだろうか。

腕が体に引っ張られる感覚を体感する

体感してみよう。

直立したら、右足の前方にゴルフバックなどの、何かつかめるものを用意する。

その状態で、左手でそのゴルフバックを軽く触る。

ちょうど、胸の前を左腕が横切るような格好だ。

そしてそれは、ダウンスイング時の左腕の状態を表している。

ポイントはここからだ。

左手をゴルフバックから離さずに、そのまま骨盤を左に回転させていく。

左手がバックから離れるぎりぎりのところまでだ。

そうすると、骨盤は左45度くらいまで回転しているが、左手はまだ飛球線後方に位置している状態となる。

その状態から、さらに骨盤を回転させる。

左腕は、体に引っ張られるに任せてゴルフバックから離す。

最終的には、腕が体に引っ張られてフォロースルーの形を迎える。

以上が、腕が体に引っ張られる、という感覚だ。

どうだろう。

普段のスイングにおける腕の状態と比べるとかなり違和感があるのではないだろうか。

もし違和感がある場合は、普段から腕を使ったスイングをしている可能性がある。

慣れるまで何度も繰り返し、慣れてきたらゴルフバックを取っ払ってやってみると、体に腕が引っ張られる感覚がより養える。

そして、クラブを持ってもこの感覚でスイングできたとき、結果としてハンドファーストのスイングがそこに現れるのだ。

リンク
↓↓↓「なるほど~」と思ったら、ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へブログランキング


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする