コースマネジメント-グリーンまで残り150yrdからのアイアンショット

パー4のミドルホール。

ティーショットはドライバーでナイスショットし、グリーンまで150yrdのフェアウエー。

さて、ここからどうする?

練習場ではうまくいくショット

練習場では、ドライバー、アイアン、ピッチングウエッジと、いろいろなクラブをまんべんなく練習する。

そして、そこそこのボールが出ると満足げに練習を終える。

次のラウンドに期待を膨らませながら。

しかし。

現実にラウンドすると、思ったようにスコアが出ない。

そんなはずはないと思いながら、なんとなくボギーをたたき、ダブルボギーをたたき、たまにパーを拾い、さらに、まぐれのようにバーディーを取る。

でもこんなゴルフでは、なかなかスコアが伸びない。

で、冒頭のシチュエーションだ。

このような状況で多くのアマチュアは、残りの距離を確認したら躊躇なく、残りの距離に応じたアイアンを抜き、グリーンに向かってスイングする。

「そのことの何がいけないのだ?」と思ったのなら、コースマネジメントができていないと思ったほうがよい。

なぜか。

自分の本当の実力を把握しているか

150yrd先のグリーンを狙う。

これがどれほどの確率で成功するのか、自分の実力を正確に把握しているだろうか?

自問してほしい。

練習場では、150yrdの距離など、普通に打てている。

だから、それなりの確率で成功するはずだ、と思ったのなら、練習場で実際にやってみるとよい。

本番さながらに、150yrd先にグリーンに相当したエリアを仮想する。

また、グリーン奥はOB。

グリーン左と右の手前にバンカー。

そして、ピンは中央に立っている。

このような、あたかも本番さながらの状況をイメージしたうえで、10球打ってみるとよい。

果たして、何発グリーンオンするだろうか?

50%以上の確率なら、相当上級者と思ってもよい。

このような具体的な状況をイメージしてショットした時、多くのアマチュアはかなりの確率でグリーンを外すはずだ。

ライが平らで、かつ無風の状態ですらその確率なのだから、傾斜があり、かつ風も吹くコースであれば、その確率がどの程度になるかは、言わずもがなである。

そして、それが本当の実力なのである。

コースマネジメントの意味

コースにおいては、自分の本当の実力を踏まえてショットする必要がある。

それがコースマネジメントだ。

練習でできないことが本番でできるはずがない。

もし、先の状況において、グリーンオンの確率が50%以下の実力であるのなら、短めのクラブを持ち、ハザードには絶対に入れないショットをするべきだ。

一か八かのギャンブルを楽しむのがゴルフの楽しみ、というのならそれはそれでよい。

しかし、その結果得られるものが、「あ~あ、またか・・・」といったつまらないスコアであるのなら、ぜひ考え方を変えてみるべきなのだ。

リンク
↓↓↓「なるほど~」と思ったら、ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へブログランキング


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする