グリップをゆるく握る理由と、握る強さの目安

グリップをゆるく握るのが正解、とよく言われる。

その理由はなぜなのだろう。

グリップをゆるく握る理由

グリップをゆるく握る理由、それはずばり、腕に力を入れないためだ。

グリップを強く握った時、腕にどの程度の力が入っているかを感じてみてほしい。

おそらく、腕全体に力が入っているはずだ。

これは、腕を使った悪いスイングに繋がる。

グリップを強く握っているのに腕には力を入れない、というのはとても難しい。

したがって、腕に力を入れないためにはグリップをゆるく握る必要があるのだ。

グリップをゆるく握ると手首も緩やかになる。

このために、体の回転とクラブヘッドの動きには時間差が生まれる。

これが、いわゆるタメだ。

タメはあくまでも副産物だ。

グリップをゆるく握るということは、腕に力が入っていないことを意味し、そしてそれは、体中心のスイングができているということを意味する。

タメができていると良い、という真の理由はここにある。

グリップの握る強さの目安

グリップをゆるく握る強さがどの程度かというと、全力でグリップを握った状態を10とするなら、4から5ぐらいだ。

それほどにゆるい。

注意すべきは、握る強さを弱めるがあまり、テークバックで、グリップと手のヒラに隙間ができないようにすることだ。

隙間ができると、握り直すことになり、フェース面が安定しない。

たまに、握り直すことによる反動を利用してスイングしているケースもあるため、注意が必要だ。

グリップをゆるく握れた時、自然と腕は脱力し、体の回転でスイングできることになるのだ。

リンク
↓↓↓「なるほど~」と思ったら、ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へブログランキング


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする