ゴルフスイングが難しい理由がわかると、ゴルフスイングは難しくなくなる

ゴルフスイングは難しいか、というと、確かに難しい。

しかし、なぜ難しいのか、というその理由を知ってしまえば、実は難しくなくなるのだ。

ゴルフスイングが難しい理由

ゴルフスイングが難しい理由は、「ゴルフスイングが難しい最大の理由」で述べている。

つまり、「前傾姿勢を取って運動する」という点が、ゴルフスイングを最も難しくしているのだ。

しかし、このことに気づいてしまえば、話は簡単になる。

なぜか。

直立した状態でボールを飛ばすための最適な動きがあるとする。

その動きを習得したなら、その動きを、前傾を加えて行えば良いことになるからだ。

前傾を加えると、何故か途端に難しくなるが、実は、軸が傾いただけだ。

直立した状態で運動しているときの動きと、根本は何ら変わりはない。

物理学的に最もボールを飛ばせる運動とは

では、直立した状態で最もボールか飛ばせる運動は何か、というと、背骨中心の回転運動だ。

これは、野球のバッティングに当たる。

ネットで、バッティングについての理論を検索するといくらでも出てくるが、バッティングでも腰というか、骨盤の回転で打つのが基本だ。

決して腕では打たない。

理由は簡単だ。

飛ばないからだ。

ゴルフスイングも全く同じだ。

野球もゴルフも、物理学の法則に従う。

故に、最も飛ぶ運動は、同じなのだ。

ただ、唯一違う点が、前傾だ。

そこだけ気をつければあとは、同じなのだ。

(因みにもう一つ、芯の位置がシャフト延長線上にない、という違いもあるのだが、それはあまり関係ない。また、別の機会で述べる)

このブログで、理論を体感するために、「直立した状態でやってみる」とよく書いているが、その理由はここにある。

直立した状態でコツをつかめば、それを前傾した状態で行えば良いからだ。

ゴルフスイングは直立した状態で習得するのが、上達への近道なのだ。

リンク
↓↓↓「なるほど~」と思ったら、ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へブログランキング


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 大塚浩 より:

    このスイングを教えているかたはどなたですか?