原理がわかれば、ゴルフほど簡単なスポーツはないかもしれない

ゴルフスイングは難しいと言われる。

しかし、原理さえわかってしまえば、これほど簡単なスポーツはないかもしれない。

ゴルフスイングが難しい理由

ゴルフスイングは、とても難しいとよく言われる。

確かに難しい。

なぜなら、世の中にはゴルフスイングについての様々な情報があふれ、何が正しいスイングなのかわからないからだ。

正しいスイングがわからないために誤ったスイングを行う。

当然、飛ばないし、曲がる。

なぜかと悩み、試行錯誤する。

いろいろな理論をあさる。

その繰り返しだ。

だから難しい。

しかし、正しい理論を知ってしまいさえすれば、これほど簡単なスポーツはないかもしれない。

ゴルフが簡単であるという理由

理由はいくつかある。

一つは、「止まっているボール」を打つ、という点だ。

野球、テニスを初め、いわゆる「球技」というものは、動いているボールを打つ。

野球は、ボールは曲がるしスピードも違う。

テニスは、自分で動いて打たなければならない。

しかしゴルフは違う。

ボールは止まっているのだ。

どう打つかは、すべて自分の意識でコントロールできるのだ。

もう一つの理由は、ゴルフクラブという便利な道具が用意されている点だ。

道具には様々な工夫が施されている。

ボールを適切に扱うために専用のクラブが用意されている。

クラブに任せれば、飛ばしてくれるし、上げてくれるし、スピンをかけてくれる。

野球やテニスではこうはいかない。

飛ばすのも、上げるのも、スピンをかけるのも、すべて自分でやらなくてはならない。

最後は、ゴルフ場だ。

性別、年齢、スキルによって、ティーグラウンドの位置が違う。

これにより、誰でも楽しめるのだ。

これらの理由によって、60歳、70歳でも楽しめるスポーツになっている。

真実さえわかってしまえば実に簡単。

前傾しながら背骨中心で回転するだけ。

わかってしまえば、これだけだ。

ゴルフスイングはシンプル。

リンク
↓↓↓「なるほど~」と思ったら、ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へブログランキング


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする