パッティングストロークのチェック方法

パッティングも通常のスイングも、背骨中心の軸回転だ。

本質は何ら変わらない。

ということは、パッティングにおける正しい体の動かし方は、通常のスイングにおけるチェックと同じようにできる。

直立してチェックするパッティングストローク

パッティングも通常のスイングと同じく、背骨中心の軸回転で行う。

よって、難しい点も通常のスイングと同じだ。

そう、前傾を取って回転することが難しいのだ。

通常のスイングでもよく言われるが、特にパッティングでは「ヘッドをまっすぐに出せ」ということが言われる。

しかし、このレッスンを意識するがあまり、フォローで背骨の軸が傾いてしまっていることが多々ある。

軸が傾いているかどうかをチェックすることは簡単だ。

パッティングでフォローの位置までヘッドを動かす。

そうしたら、その状態のまま前傾をほどき、直立してみるのだ。

するとどうだろう。

正しく回転できていないときは、背骨が右に傾いているはずだ。

これは、パッティングでも軸が傾いていることを意味する。

軸が傾くと正確にポールをヒットできず、カップインの確率が下がる。

正しい動きの習得方法

正しい動きを身につけるには、直立した状態から、フォローの位置までヘッドを動かし、その状態で前傾をとればよい。

通常のスイングと何ら変わりない。

当然、通常のスイングと比べるとフォローが小さいために、パターヘッドは直線的に動くように見えるが、実際には緩やかに円を描いているのが正解だ。

背骨の軸。

パッティングでも重要なポイントだ。

リンク
↓↓↓「なるほど~」と思ったら、ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へブログランキング


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする