フェースが開いてスライスする原因に繋がる腕のローテーションについての誤解

インパクト時にフェースが開くと、スライスする。

ごく当たり前の事象だ。

そして、ゴルファーなら必ず一度は経験すると言っていいほどの厄介な悩みだ。

どうしてフェースが開いてしまうのか、その理由と対処方法を述べる。


フェースが開いてしまう原因

フェースが開く原因はいろいろ考えられるが、その原因の一つに腕のローテーションに対する勘違いがある。

腕のローテーションとは何かをおさらいしておくと、テークバックにかけて両腕を右に回転させる動きのことだ。

また、ダウンスイングからインパクトにかけては、逆に左に回転させる。

この動き、確かにゴルフスイングでは必要な動きだ。

しかし、問題なのは、その度合だ。

ゴルフスイングは背骨中心の軸回転だ。
体の回転につられて腕が動く。

テークバックにおいて、体を捻転させて腕を背中側に持ってこようとすると、体の構造上、両腕は先程のような動きになる。

ダウンスイングでは逆向きの動きになるのも、体の構造上、自然な動きだ。

腕のローテーションを全く行わないと、必要最低限な体の捻転を行うことができないのだ。

しかし、ここで非常に重要なポイントがある

何か。

それは、腕をローテーションさせるのは、あくまでも必要最低限な体の捻転を行うためであり、腕をローテーションさせること自体が目的ではない、ということだ。

腕をローテーションさせることを目的とする人は間違いなく「フェースの開閉のエネルギーを使ってボールを飛ばす」という意識を持っている。

確かにフェースの開閉エネルギーは少なからずある。

よって、ボールが飛ぶというメリットは有る。

しかし、フェースを開くということは、インパクトのタイミングに合わせてフェースを閉じなければならない。

フェースを閉じるのが遅ければスライスするし、逆に早ければフックとなる。

遅くても早くてもだめで、ピッタリのタイミングでなければならないのだ。

そんなこと、なかなかできるものではない。

腕をローテーションさせることの、大きなデメリットだ。

フェースの開閉エネルギーは、実は体の回転エネルギーに比べると遥かに小さい。

方向性が悪くなるというデメリットに対し、得られるメリットが小さすぎる。

飛ばそうとするあまり、必要以上に腕をローテーションすることは、割に合わないのだ。

正しい腕のローテーション

メリットとデメリットの大きさを比較すると、結論としては腕のローテーションはできるだけ抑えるべきだ。

インパクトにかけて、意識してフェースを閉じなくても良くなるため、方向性は格段に良くなる。

また、フェース開閉によって得られるエネルギーは僅かであるため、飛距離が大きく落ちることもない。

正しい腕のローテーションは、「必要最低限の体の捻転」が行える範囲で行う。

フェース面を安定させ、スライスやフックを防止する大事なポイントなのだ。

リンク
↓↓↓「なるほど~」と思ったら、ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へブログランキング


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする