ゴルフスイングにおける多くの注意点やコツは、真の目的を達成するための手段や結果であることを知る

ゴルフスイングの注意点やコツは、とてもたくさんある。

しかし、その注意点やコツが言わんとする真の目的を理解しないことには、それらのことを表面上で追いかけているだけになる。

これはまったく意味が無い。

どういうことか。

本当に追い求めるべきものは何かを知る

ゴルフスイングは背骨中心の軸回転だ。

そして、ゴルフスイングにおける多くの注意点やコツは、この真実を実行するための手段、もしくは、真実を実行した結果にすぎない。

それは、テークバックにおける股関節の入れ込みであったり、タメであったり、ハンドファーストインパクトであったり、ダウンブローであったり、左サイドの壁であったり、腕のローテーションであったり、体重移動であったりだ。

これらはすべて「手段」であったり「結果」であり、決して「目的」ではない。

では、目的が何なのかというと、それは「最大のエネルギーをボールに伝えること」だ。

そして、物理学的にみると、その目的を達成するための最適な体の運動は「背骨中心の軸回転運動」だ。

よって、ゴルフスイングの目的は、正確に素早くスムーズに背骨中心の回転を行うこと、になる。

ボールが教えてくれる真実

目的を間違えてはいけない。

真実を追い求めることにこそ意味がある。

真実を達成するために、数多くの手段がある。

真実が達成できた時、勝手に結果がついてくる。

手段や結果を達成することが目的ではない。

真実を達成することが目的なのだ。

自分が真実に向かっているかどうかは、ボールが教えてくれる。

真実を実行し続けていれば、遠くない将来、力強くて素晴らしいボールが打てる。

もし、いくら練習してもそうならないのであれば、「手段」や「結果」を達成することが目的になってしまっている可能性がある。

今一度、事実を振り返ってみることが大切だ。

リンク
↓↓↓「なるほど~」と思ったら、ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へブログランキング


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする