体重移動というレッスンの大罪-「体重移動する」ではなく「体重移動してはいけない」に意識を変えることで新たな世界が見えてくる

体重移動。

これまでさんざん言われてきているこのレッスン。

多くのアマチュアの上達を妨げる、最悪のレッスンだ。

体重移動しては「いけない」

多くは述べない。

体重移動する、ではなく、体重移動してはいけない、という意識でスイングする。

これだけで、スイングは大きく変わる。

劇的に。

体重移動は、多くの場合、飛球線方向へのスライドを伴う。

そして、それは大事な背骨の軸の傾きにつながる。

また、骨盤の回転の妨げにつながる。

全く良いところがない。

体重移動で飛ばす。

このような理論がまかり通っている日本のゴルフ界。

国内ツアーではいざしらず、世界では全く通用しない。

松山選手は体重移動がほとんどない。

その場で素早く回転する。

また、外国の選手もその場でくるっと回転する。

韓国勢の選手はいわずもがなで、超べた足スイングによる、体重移動を抑えたスイングだ。

断言する。

体重移動という理論は、日本のゴルフ界から淘汰される。

体重移動で飛ばす、という最悪の誤解を捨てよう。

そして、体重移動しては「いけない」という意識に切り替えよう。

体重移動してはいけないという意識でスイングできたとき、そこに新たな世界が広がる。

リンク
↓↓↓「なるほど~」と思ったら、ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へブログランキング


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする