体重移動の真実

ゴルフスイングで、意見が分かれる理論の一つに、「体重移動」がある。ある理論では、ダウンスイング開始とともに左足に体重移動する、という。またある別の理論では、体重移動は不要、という。

どちらが正しいのだろう。

体重移動の真実を解き明かす。

背骨中心の回転が基本

ゴルフスイングは、背骨の軸を中心とした回転運動だ。この原則が、すべてのゴルフ理論の基礎となる。この原則さえ押さえておけば、すべての理論は、理路整然と正しく理解できるのだ。

では、正しい体重移動を体感してみよう。

ダウンスイングの骨盤の動かし方」に従って、インパクトまで骨盤を回転させる。左斜め前に骨盤が45度回転し、胸は正面を向いた形だ。このとき、体重配分がどのようになっているか確認する。

おそらく、左足に6割、右足に4割といったところだろう。

ここからがポイントだ。

実際のスイングにおいては、骨盤はさらに回転し、約90度、人によってはそれ以上回転する。

その状態を作り出してみよう。

ゆっくりと、骨盤を90度まで回してみる。

するとどうだろう。

左足に右足を寄せるような動きになるはずだ。

言い換えると、左足に体重を移動させ、右足はつま先で支えるくらいにしないと、骨盤を回転させることができないはずだ。

もう少しいうと、右足の膝が飛球線方向を向き、右足と左足の太ももが軽く接した状態になるはずだ。プロのフォロースルーを後方から見たときの、両足の太ももがぴったりそろったような状態だ。

さて、この時の体重の配分を確認してほしい。

ほとんどが左足に体重が乗り、右足にはほとんど乗っていないはずだ。

どうだろう。

実は、これが体重移動の真実なのだ。

そう、背骨中心の回転を行うことにより、左足に体重が移動するのだ。

言い換えると、骨盤の回転をスムーズに行うために、左足に体重を乗せる、ということなのだ。

体重移動の真実はひとつ

実際のスイングでは、ダウンスイングからフォロースルーまで一気に動作が行われるため、ダウンスイングを開始した直後に左足に体重を乗せることになる。

このため、ある理論では「ダウンスイング開始から一気に左足に体重移動する」という表現になる。

一方、左足への体重移動というと、あたかも「飛球線方向へ骨盤をスライドさせて体重を乗せ換える」というイメージを抱きがちである。この動きは回転運動を行えないためによくない動きであるため、この悪い動きを行わないようにするために、ある理論では「体重移動するな」と教えるのである。

ゴルフスイングは、背骨中心の回転運動。

回転運動を行うと、自然と左足に体重が移動する。

言い換えると、回転運動をスムーズにおこなうために左足への体重移動を行う。

これが体重移動の真実だ。

リンク
↓↓↓「なるほど~」と思ったら、ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へブログランキング


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする