インパクトからフォローで腕が曲がって小さいスイングになってしまう理由と対処方法

アマチュアスイングの多くは、インパクトからフォローにかけて、腕が曲がった小さなフォローになってしまう。

プロのような、腕を伸ばした大きなフォローをとるコツを述べる。

腕が曲がってしまう理由

インパクトからフォローにかけて腕を伸ばすのがなぜ良いのかというと、体の回転で打てるからだ。

体の回転でスイングすることで、もっとも大きなエネルギーでボールを飛ばすことができる。

逆に、腕を使ったスイングはエネルギーが小さいため、ボールを飛ばすことができない。

腕力のある男性なら力任せに振ることである程度飛ばすことはできるかもしれないが、方向性の安定感にかける。

そして、実は腕を使ってスイングすると、インパクトからフォローで腕が曲がってしまうのだ。

腕を使わない感覚を養う

インパクトからフォローにかけて、腕を使わない感覚を養うには、左腕一本で素振りしてみるとよい。

体の回転は左腕に伝わる。

左腕が体の回転に引っ張られることで、そのエネルギーがクラブに伝わる。

この感覚を養うために、左腕一本での素振りが有効となる。

素振りを行う際には、体の回転だけで振るようにし、左腕には力は入れない。

体の回転で左腕が引っ張られる感覚を感じながら振ることが大切だ。

さらにもう一つ。

左手で素振りができたら今度は右手を添えるが、そのとき中指と薬指だけでグリップするようにし、親指、人差し指、小指は伸ばしておく。

こうすることで、右手に力を入れることを完全に封じることができる。

左手リードでスイングできている場合は、このような右手のグリップでもきちんとボールをとらえることができる。

逆に、違和感があったり、ボールを打てない場合は、いままで右手に相当の力が入っていた、という証拠だ。

左手一本の素振りと、右手の二本指でのグリップ。

この点に注意して練習することで、腕が伸びた美しいフォローが取れるようになるのだ。

リンク
↓↓↓「なるほど~」と思ったら、ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へブログランキング


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする