ダウンスイングからインパクト一覧

ハンドファーストのインパクトができるようになるために乗り越えるべき、大きな壁

プロのインパクトの時の写真を見ると、手元が若干先行し、クラブヘッドが遅れてボールにインパクトする、いわゆるハンドファーストの状態になっている。体の回転が先行し、体の回転のエネルギーによって腕がつられて動くためにそうなるのだが、この動きを実際に行おうとするためには、大きな壁を乗り越える必要がある。

骨盤をスムーズに回転させるための膝の動きとは

ダウンスイングで、骨盤を回転させるためには、正しい膝の動きを理解しておく必要がある。膝の動きは、骨盤の回転をアシストするためダウンスイングでは、骨盤を回転させる必要がある。骨盤が回転し、それにつられて体が回転してエネルギーが生まれ、そのエネルギーをボールに伝えることになるからだ。

インパクトで上体が伸びあがってスライスしてしまう理由

インパクトで前傾を保つことができず、どうしても伸びあがってしまうことがある。伸びあがってしまうと、クラブヘッドは開き、スライスにつながる。前傾を保つことが大事だとわかっているのに、なぜ伸びあがってしまうのだろうか?その理由を解き明かす。

ダウンスイングの骨盤の動かし方

ダウンスイングで骨盤を正しく動かすのは、ゴルフスイングにおける難関の一つだ。どのように動かばよいのか。ダウンスイングが難しい理由ダウンスイングでは、背骨中心の回転を行う。回転は「ダウンスイングからインパクトの肝」にあるように、テークバックの捻転を保ったまま、下半身の力で回転する。

腕のローテーションは必要か?

腕のローテーションは、積極的に行うべきなのだろうか。それとも行わないほうがよいののだろうか?腕を積極的にローテーションするメリットとデメリット腕を積極的にローテーションする理由は何なのだろうか。それはおそらく、飛距離を伸ばす、というものだとは思う。しかしよく考えてみたい。腕をローテーションすることで、本当に飛ぶ..