テークバックの一番の肝

テークバックの一番の肝は、「前傾を保つ」ことである。「ゴルフスイングが難しい最大の理由」で述べたように、「前傾を保った背骨中心の軸回転」という動作は普段の日常生活にない。

手元の位置は大事

手元の位置、というか、高さは、アドレスの重要なポイントだ。 なぜか女性に多く見られるような気がするが、手元を高い位置に構える人がいる。 飛球線の後方からアドレスを見てみると、腕を突っ張るようにして、クラブと腕と肩が一直線になるような構えのことだ。 これは間違いだ。なぜか。

アドレスの基本

アドレスの姿勢を正しくとることはゴルフスイングにおける基本となるため、非常に重要だ。 では、正しいアドレスの姿勢とは、どのような形なのだろう。

正しいゴルフスイングの真髄とは

正しいゴルフスイングの真髄、とはいったいなんだろう。 世の中には、いろいろなレッスン書があり、いろいろなスイング理論が溢れている。 でも、実際のところ、それぞれのスイング理論で言っていることには、結構ばらつきがある。 例えば・・・ 手打ちしろ、という理論と、手打ちせず体全体で打て、という理論。 しっかり体重移動しろという理論と、体重移動はする必要はない、という理論。 腕を返してインパクトしろという理論と、腕を返さずフェース面は保って打て、という理論。 一体何が正しいのだろう・・・・