アプローチショットを背骨中心の軸回転運動で行うために効果的な練習方法

アプローチショットとフルショットは、スイング的には変わらない、と言われるが、その通りだ。

いずれも、背骨中心の回転運動だ。

従って、極端に言えばテークバックを小さくするだけで、アプローチのスイングは完成ということになる。

アプローチも背骨中心の軸回転運動

アプローチショットで最悪なのは腕を使ったスイングだ。

腕を使うと、クラブヘッドの動きが安定しないため、ざっくりやトップが出やすくなる。

また、ショット毎に力の加減が変わりやすいために、飛距離も安定しない。

悪いことだらけだ。

なので、アプローチショットも体の回転で行う必要がある。

アプローチに求められる距離感や方向性の精度は、通常のフルショットとは比べ物にならないほど高い。

ゆえに、むしろアプローチショットこそ体の回転で行う必要がある。

そのための方法として、手首を固定することや、腕と体を一体化させる、というような理論は、アプローチショットのほぼ常識となっている。

練習方法

では、この動きを体得するために有効な練習方法は、というと「体の回転でスイングできているかチェックする簡単な方法」で述べた小さな動きの練習が効果的だ。

アプローチショットは、フルショットの縮小版だ。

ということは、この記事で述べている練習がまさにそれに当たる。

練習というよりは、アプローチショットそのもの、と言ったほうがいいかもしれない。

背骨中心の軸回転による運動である。

ゴルフスイングは、アプローチもフルショットも、考え方はすべて同じ。

実にシンプルなのだ。

リンク
↓↓↓「なるほど~」と思ったら、ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へブログランキング


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする