クラブを引っ張るという勘違いと正しい方法

手元を引っ張るようにスイングするのは誤りだ。

手元を引っ張ると、フェースが開き、スライスにつながる。

「手元を引っ張らないで、どこを引っ張るんだ」という声が聞こえてきそうだが、 スイングの勘違いは、まさにそこにある。

引っ張るところは、手元ではなく体の回転

手元で引っ張るのではなく、体の回転で引っ張るのだ。

もう少し正確に言うと、手元は絶対に引っ張ってはならない。

体の回転だけで引っ張る。

バックスイングをとったら、腕と体の形はそのままで背中と腹筋に力を入れつつ、ぐぐっと骨盤を左背面側に回転させ、それとともに体も回転させる。

手元を能動的に動かす意識はまったく無い。

こうすることにより、最大のパワーの源である体の回転でクラブが動き、 その最大のパワーにより、ボールに最大のパワーを伝えられる。

大きな勘違いとして、「手元で動かす回転ほど、体の回転は早くは回転させられない。だから飛ぶはずがない」 という感覚がある。

確かに、手元を「ピュッ」と動かすほうが、すばやく動かせるために、そのほうがボールが飛ぶようなイメージがある。

しかし、よく考えてほしい。

手元を早く動かすことが、クラブヘッドが早く動くことに果たしてつながるのか?

回転運動の真理はひとつ

例えるなら、ハンマー投げのようなものだ。

手元をピュッと動かしたところで、ハンマーは遠くに飛ばない。

体の回転のスピードを最大にすることにより、ハンマーは遠くに飛ばすことができる。

ゴルフスイングも、これと原理は全く同じだ。

体の回転を最大にすることで、ハンマーの鉄球に相当するクラブヘッドに最大のエネルギーを与えることができる。

練習方法のイメージとしては、腰から腰のハーフスイングが有効だ。

テークバックをしたら腕と体の位置関係を変えずにそのまま体を回転させる。

このとき、前傾姿勢を保つことを忘れずに。

このイメージで、はじめは1ヤードを打つ練習から行うことだ。

当てるだけでいい。

しかし、体はしっかりと回転させて。

はじめは全く飛ぶイメージが湧かないと思うが、やっているうちに、ボールに対して「ぶ厚い」あたりになっている感覚が湧いてくるはずだ。

そうすればあとは、徐々に体の回転を大きくすばやくすればいい。

今までにはない感覚でボールが飛んでいくことがわかるはずだ。

ゴルフスイングは、体の回転。

真実はそこにある。

リンク
↓↓↓「なるほど~」と思ったら、ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へブログランキング


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする