アマチュアがプロのようにパッティングできない最大の理由

プロとアマではパッティング技術に大きな隔たりがある。

アマチュアがプロのようにパッティングできない最大の理由を述べる。

アマチュアがパッティングがうまくできない理由

ゴルフは、ゴルフボールを小さなカップに入れるスポーツだ。

そのためには、ボールをいかに正確に飛ばすか、という技術が求められる。

通常のスイングにおけるボールのコントロールを考えてみた時、ボールは空中を飛んで行く。

この時、自身のスイング以外でボールの軌道に影響を及ぼす要素としては、「風」と「雨」がある。

ゆえに、この二つを考慮してスイングする必要がある。

一方、パッティングの場合はどうかというと、こちらも影響を及ぼす要素がある。

それは「芝」と「傾斜」だ。

しかし、この要素がパッティングに与える影響は、通常のスイングと比べて遥かに大きい。

通常のショットに求められるボールの精度に対し、パッティングに求められるボールの精度は比較にならないほど高い。

通常のショットの精度がヤード単位であるのに対し、パッティングにおけるボールの軌道はインチ単位だ。

にもかかわらず、二つの要素の影響は大きい。

だからパッティングは難しい。

非常に難しい。

故に、良いパッティングストロークを行うことはもちろんとして、この二つの要素に対する経験を上げることが非常に重要となるのだが、悲しいかな、アマチュアはその経験が、プロに対して圧倒的に不足している。

アマチュアがプロのようにパッティングが行えない最大の理由はここにある。

プロと同じ経験を積む

プロは、傾斜のあるグリーンの上で練習する。

例えばカップを中心としてぐるりとボールを置き、順にカップインさせていく、というような練習がある。

これはまさに、上り・下り・フック・スライスという「傾斜」に対する経験と、「芝」に対する経験を積む練習である。

この経験を、アマチュアも積む必要がある。

グリーン上でパッティングの練習ができる場所というのは限られる。

練習グリーンがある練習場はそれほど多くない。

そのため、パッティングの練習といえば、せいぜい平らなところでパッティングマットで練習するぐらいしかない。

しかしそれではいけない。

「傾斜」のある「芝」でパッティング練習をする必要があるのだ。

そのための環境を見つけるしかない。

もし練習場が少々遠かったり高かったりしたとしても、そこまで赴いて練習する価値は充分ある。

練習場がどうしても見つからなければ、ゴルフコースでラウンドする前に少しでも早く練習グリーンに向かい、そこで練習するしかない。

「芝」と「傾斜」。

パッティング上達における、非常に重要な要素だ。

リンク
↓↓↓「なるほど~」と思ったら、ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へブログランキング


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする